NPO法人CILひこうせんは行田市向町に本部を置く、障がい者福祉施設です。様々な障がいのある人たちが集まって、それぞれの夢を実現させることを目標に日々の業務に取り組んでいます。

私はアートディレクターとして、ひこうせんでアート活動をしている人たちが描いた作品を展覧会に展示したり、展覧会の内容を企画したり、他の施設との作品の受け渡しや作品の管理などを主に行なっています。

障がいのある人達は、健常者と同じようには出来ないこともたくさんありますが、逆に健常者よりも優れているところもたくさんあります。私が関わっているアートや表現活動に関しては特にそういうことが多く、自分の中にある何かを表現する、という人類の根源的な行為において、障がいのある人たちが持っている敏感で繊細な感性はとてつもない魅力と可能性を持っているといつも感じさせられています。

埼玉県では障がいのある人たちの表現活動の支援に力を入れていて、県内の全ての施設からアーティストを発掘して展覧会を行ったり、施設で表現活動を担当している職員を集めてワークショップやセミナーを開催し、より良い支援を行うための人材育成に取り組んでいます。その成果として、近年は川口太陽の家工房集が中心となり、アートセンター集を立ち上げ、これまで育んできた施設同士の横の繋がりを基にして、埼玉県障害者アートネットワークTAMAP±0が生まれました。TAMAP±0ではこれまでの支援と発掘の取り組みをさらに強化していくとともに、障がいのある人たちの表現と社会参加を推進しています。

これからも障がいのある人たちの表現活動の支援に取り組みながら、いつか行田から世界で活躍するアーティストが生まれることを目指して、仲間とともに頑張ります。

<障がいのあるアーティストの情報をお待ちしています!>
障がいのあるアーティストの発掘を支援を推進するために、皆様からの情報をお待ちしています。絵や、造形物や、何かよくわからないものでも何でも構わないので、何かを作っている障がいのある人をご存知でしたら、ぜひご紹介ください。

NPO法人CILひこうせん(http://cil-hikousen.jp)
アートセンター集(http://artcenter-syu.com)